北摂ガンバ日和 › ガンバ通信 › ガンバ通信 10月号

2015年10月01日

ガンバ通信 10月号

激戦の末手に入れた次への切符ACL&Jリーグナビスコカップ準決勝へ

9月2日(水)・9月6日(日)に行われたJリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝vs名古屋グランパス戦。8月26日(水)・9月16日(水)に行われたACL(AFCチャンピオンズリーグ)準々決勝vs全北現代戦(韓国)。ともに、ホーム&アウェイ方式のノックアウトステージで、蒼の戦士たちは激闘した。


9月15日(火)ACL前日公式会見にて。“勝利するために一番大事なことは”の質問に、「相手より気持ちで負けないこと。ガンバのサッカーをやるに尽きる」と長谷川監督。キャプテン・遠藤選手は「非常にシンプルですがチャンスを作り、チャンスを与えないこと」と話した。追いつき追い越しで勝利したガンバは、まさに気持ちで負けていなかったといえる。


延長戦、PKまでもつれ込んだ
ナビスコ杯準々決勝
 ACLでナビスコ杯の予選を免除されたガンバは、初戦を9月2日(水)にホームで迎えた。2018年W杯アジア2次予選の日本代表メンバーに選ばれた、GK東口選手・DF丹羽選手・DF米倉選手・FW宇佐美選手は欠場。そのため、いつもとは違う布陣で戦いに挑むことになったが、開始6分にベテラン二川選手がゴールネットを揺らし、出場を与えられた選手たちが奮闘した。しかし、結果は1-1のドローに。続く第2戦、延長戦の末それでも決まらずPKにまでもつれ込んだ。最後にGKの藤ヶ谷選手が決め、10-9で勝利をもぎ取った。

昨季Kリーグ王者との戦い
土壇場の劇的ゴールでベスト4へ
 8月26日(水)にアウェイで全北現代(韓国)と準々決勝第1戦を迎えたガンバ。0-0でゲームを終え、ホーム万博で第2戦を9月16日(水)に迎えた。開始13分、先制点を全北現代に奪われ追いかける形に。それもつかの間、その1分後にFWパトリック選手が同点弾を放つ。後半に入り開始76分、MF倉田選手が追加点を上げ逆転に成功したが、88分にまた追いつかれる。ドローでも負け、勝つしかないこの勝負を決めたのが、途中出場したDF米倉選手!アディショナルタイムに入った90分+3分、ゴール手前で倒れ込みながらの執念のゴールで勝ち越し点が決まる!!


若手の活躍に喜ぶ長谷川監督

先月号の「ガンバ通信」でインタビューした平尾選手が、9月2日のナビスコ杯vs名古屋戦で先発起用されました。試合終了後の監督会見で「非常に走ってよくがんばっていた」と平尾選手について話した長谷川監督。その後、多くの記者に囲まれインタビューを受ける平尾選手を見かけると、その後ろを笑顔で通り過ぎる長谷川監督の姿がありました。


今季で最後となる万博記念競技場でガンバの選手を応援しよう


 9月30日(予定)に竣工する新スタジアム。長年、ガンバのホームスタジアムとして様々な歴史を刻んできた万博記念競技場でのゲームは残り僅かとなりました。Jリーグ、ACL、ナビスコ杯、そして11月から始まる天皇杯と、連戦が続くガンバの蒼き選手たちに大きな声援を贈り、万博記念競技場を「青」で埋め尽くそう!




チケット販売やアクセスは下記HPにて
http://www.gamba-osaka.net/

10月のホームゲーム日程(万博記念競技場)


Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝
10月11日(日) 14時キックオフ vs アルビレックス新潟
Jリーグ
10月17日(土) 14時キックオフ vs 浦和レッズ ←チケット完売!
ACL 準決勝  
10月21日(水) 19時キックオフ予定 vs 広州恒大(中国)



同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事画像
ガンバ通信 2017年10月号
ガンバ通信 2017年09月号
ガンバ通信 2017年08月号
ガンバ通信 2017年07月号
ガンバ通信 2017年06月号
ガンバ通信 2017年05月号
同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事
 ガンバ通信 2017年10月号 (2017-10-01 17:58)
 ガンバ通信 2017年09月号 (2017-09-01 22:02)
 ガンバ通信 2017年08月号 (2017-08-01 04:49)
 ガンバ通信 2017年07月号 (2017-07-01 20:56)
 ガンバ通信 2017年06月号 (2017-06-01 01:40)
 ガンバ通信 2017年05月号 (2017-05-05 01:16)

Posted by 北摂ガンバ日和スタッフ at 00:44 │ガンバ通信