北摂ガンバ日和 › ガンバ通信 › ガンバ通信 2017年01月号

2016年12月29日

ガンバ通信 2017年01月号

Jリーグアウォーズ 井手口選手「ベストヤングプレーヤー賞」受賞 ガンバ大阪「最優秀育成クラブ賞」受賞


「天皇杯に向けて、今みんな非常に積極的にできている」と長谷川監督。12/8(木)の練習風景。

 2016シーズン最も活躍した選手や監督等を表彰する「Jリーグアウォーズ」の受賞者が12月7日(水)に発表され、「ベストヤングプレーヤー賞」にガンバ大阪の井手口陽介選手が受賞した。ガンバ大阪では、2010シーズンに受賞した宇佐美貴史選手に継ぐ二人目の受賞となる。さらに、井手口選手は2016JリーグYBCルヴァンカップで「ニューヒーロー賞」を受賞しており、ダブル受賞となった。その他ガンバ大阪からは、「優秀選手賞」に藤春選手、アデミウソン選手、井手口選手が受賞。「最優秀育成クラブ賞」をガンバ大阪、「功労選手賞」を山口智氏が受賞した。
 発表の翌日、井手口選手は「賞を取ったからと満足せずに、逆にその賞に恥じないように、もっとしっかりプレーしていかなアカンと思いますし、いいパフォーマンスを継続し続けられるように、これからもしっかりと頑張っていきたいです」と話した。


2016JリーグYBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」受賞時の井手口選手。

「今年、いっぱい賞をもらえる気がしたんです。薄々。でも、ここまでたくさんの賞をもらえるとは思ってなかったし、狙って取るもんやないと思うから、俺なんやっていうのが続きました」と、「ベストヤングプレーヤー賞」を受賞した時の心境を明かした。



指揮官、チームメイトから見た井手口選手の成長
 長谷川監督は、井手口選手について「このような賞を取ってさらにまた大きくなって欲しいと思います。非常に高いレベルになって試合ごとのムラがなくなってきている。(リオ五輪出場など)いろんな刺激があったんじゃないかと思います」と、話す。また、副キャプテンの倉田選手にも話を聞くと「陽介ならできるとはわかっていたけど、オリンピックに行って変わった気がした。帰ってきてから自信を持ってプレーするようになったのがハッキリ見えた。陽介にとってオリンピックに行って良かったなと。毎日楽しそうにやっているし、成長して帰ってきたなというイメージがあります。守備だけ特化されているけど、攻撃の能力もあるからもっと凄いプレーヤーになると思います」と、後輩の成長を近くでしっかり感じていた。


今回の受賞について話す長谷川健太監督。


優秀な選手を輩出育成面でも秀でるクラブ
 今回「最優秀育成クラブ賞」を受賞したガンバは、2016年のアジア最優秀新人賞を獲得した堂安律選手を筆頭に、各年代の日本代表へ出身選手を多く輩出していることも選手の発掘・育成において優れた結果であると評価されている。この受賞に対し長谷川監督は、「長年培ってきたことが、このクラブの軸になっているのだと思います。1人でも多く陽介みたいに代表に入ったり、アンダーの代表に入ったりと、今後もずっと賞を取り続けられるように努力していかなければならないと思います。そういう優秀なアカデミーの選手をしっかりとプロの選手にしていきたいと思います」と、指揮官としての使命感を感じていた。才能溢れる新星たちの輝きが楽しみだ。



井手口選手について話してくれた、練習後の倉田選手。
「こんな格好(スウェット)やけどエエの?」と苦笑いするも、笑顔での撮影に協力いただきました(笑)








同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事画像
ガンバ通信 2017年12月号
ガンバ通信 2017年11月号
ガンバ通信 2017年10月号
ガンバ通信 2017年09月号
ガンバ通信 2017年08月号
ガンバ通信 2017年07月号
同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事
 ガンバ通信 2017年12月号 (2017-12-01 12:23)
 ガンバ通信 2017年11月号 (2017-11-01 00:00)
 ガンバ通信 2017年10月号 (2017-10-01 17:58)
 ガンバ通信 2017年09月号 (2017-09-01 22:02)
 ガンバ通信 2017年08月号 (2017-08-01 04:49)
 ガンバ通信 2017年07月号 (2017-07-01 20:56)

Posted by 北摂ガンバ日和スタッフ at 02:08 │ガンバ通信