北摂ガンバ日和 › ガンバ通信 › ガンバ通信 10月号

2016年10月01日

ガンバ通信 10月号

チームを勝利に導く長沢選手 8月月間MVP&ベストゴールW受賞




 J1リーグ戦において各月に最も活躍した選手を表彰する8月度の明治安田生命Jリーグ「月間MVP」、最も優れたゴールを表彰する「月間ベストゴール」に長沢選手が選ばれた。8月月間4試合4ゴールで2 度決勝点をあげ、途中出場の短い時間でも結果を出し、チームを勝利に導く活躍ぶり。さらに、9月のルヴァン杯準々決勝第2戦でも2得点をあげるなど、好調が続く。
 「最近体が勝手に動いたゴールが多い。自分の中でもビックリしていて、今までにない感覚で充実しています。本当にいろんな人に支えられてここまでこれた状況なので、感謝の気持ちでいっぱいです。これで満足しないで毎日がむしゃらにやっていきたい」と、長沢選手は謙虚な姿勢を崩さない。
 期待されつつも、なかなかレギュラーに定着できなかった。今季は負傷のため離脱した時期もあった。調子が良い時も悪い時もいつも『これからだ』と思いながら、自分のプレーを見失わないことを大切にしてきたという。長谷川監督は、清水エスパルス時代からの教え子でもある長沢選手について、「元々能力を持っている選手だが、常時、力を発揮できるタイプではなかった。それが今連続ゴールを決めて非常に乗っている状態。年齢的にも28歳という脂が乗ってくる一番いい時期。今回の受賞で注目される中、どこまで自分の武器を活かして今後結果を出せるかというところだと思います」と話した。長沢選手に聞くと「(受賞について)監督からは『すごいね』って言われたけど何も言えなかったです(苦笑)純粋に喜んでくれていると思います。練習の時から健太さん(長谷川監督)は選手をよく見てくれているし、色々言ってくれる。常に見られるのはプレッシャーを感じますが、選手にとっては日々頑張れます」と胸の内を明かした。「最近先制されることが多いので、早めに点を取ってチームを楽にさせてあげたいです。チームの勝ちが重要、自分が潰れ役でもいい。その中で点が取れれば一番いいかなと思います。最近は点を取れるイメージを持って試合に入れていますし、それが現実となって結果が出ているのは自信になっています。これからマークがより厳しくなると思いますし、そういう中でも点を取っていかないと上には上がれないと思うので、こじ開けていきたいです」と、気持ちを引き締めた。



 ガンバは佳境に入ったリーグ戦で、上位チームの川崎、浦和との直接対決を残している。このまま勝利し勝ち点3を積み上げると、自ずと2ndステージ優勝が見えてくる。また、ルヴァン杯(旧ナビスコ杯)王座奪還を目指すほか、史上初の3連覇に挑む天皇杯もある。すべて勝利あるのみ!選手の雄姿にアツイ声援をスタジアムで届けよう!


チケット販売やアクセスはHPにて
http://www.gamba-osaka.net



同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事画像
ガンバ通信 2017年10月号
ガンバ通信 2017年09月号
ガンバ通信 2017年08月号
ガンバ通信 2017年07月号
ガンバ通信 2017年06月号
ガンバ通信 2017年05月号
同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事
 ガンバ通信 2017年10月号 (2017-10-01 17:58)
 ガンバ通信 2017年09月号 (2017-09-01 22:02)
 ガンバ通信 2017年08月号 (2017-08-01 04:49)
 ガンバ通信 2017年07月号 (2017-07-01 20:56)
 ガンバ通信 2017年06月号 (2017-06-01 01:40)
 ガンバ通信 2017年05月号 (2017-05-05 01:16)

Posted by 北摂ガンバ日和スタッフ at 15:53 │ガンバ通信