北摂ガンバ日和 › ガンバ通信 › ガンバ通信 11月号

2016年10月31日

ガンバ通信 11月号

ルヴァン杯(旧ナビスコ杯)決勝激闘の末、惜しくも準優勝


PK戦にて、ゴールを見守る両チーム。


 「頂上決戦に最高の対戦相手」。そう謳われるように、ガンバは10月1日(土)のリーグ戦での浦和との対決で0-4と屈辱を味わった。そのリベンジとなるべく、10月15日(土)ルヴァン杯決勝で再び浦和と対決。舞台は浦和の本拠地である埼玉スタジアム2002。レッズカラーに赤く染まったそのスタジアムに、再び青黒のガンバが乗り込んだ。


2大会連続、準優勝に終わったガンバ大阪。表彰式にて。


 前半17分、遠藤選手がFWアデミウソン選手にパスを出すと、アデミウソン選手は巧みなボールの受け方でDFをかわし、長い距離を独走。GKとの一対一を落ち着いて決め、ガンバが先制点を奪う。しかし、後半31分、交替で入ったばかりの浦和・李選手に同点弾を決められてしまう。1-1のまま勝負は決まらず、延長戦に突入した。延長後半15分には、呉屋選手が放ったシュートがポストに当たり、ゴールライン上を横に転がるがクリアされてしまう惜しいシーンも。脚がつるなど、両チームの選手に疲れが見える中、延長戦でも決着がつかず、いよいよPK戦に突入した。ガンバは藤本選手、今野選手、丹羽選手、遠藤選手がPKを成功。しかし4本目、呉屋選手の蹴ったボールはGKに防がれてしまい、結果4-5で勝利の女神は浦和に微笑んだ―。


表彰式で握手をかわす、ガンバと浦和レッズの両選手。

 「負けてこんなに清々しい負けというのは初めて」と、長谷川監督が会見で話すように、両選手がこの激闘を讃え合うかのように、表彰式で握手を交わしていた。PKキッカーを決める際、新人である呉屋選手自らが「蹴ります」と言ったことに対し、「なんと勇気のある、気持ちのある選手なんだ」と感じたという。「ここから呉屋が成長してくれれば、いつかまたガンバにタイトルをもたらしてくれるんじゃないかと思います」と、長谷川監督は今回外してしまったこの悔しさがルーキー呉屋選手の成長につながることを期待した。













同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事画像
ガンバ通信 2017年04月号
ガンバ通信 2017年03月号
ガンバ通信 2017年02月号
ガンバ通信 2017年01月号
ガンバ通信 12月号
ガンバ通信 10月号
同じカテゴリー(ガンバ通信)の記事
 ガンバ通信 2017年04月号 (2017-04-04 16:33)
 ガンバ通信 2017年03月号 (2017-03-01 01:39)
 ガンバ通信 2017年02月号 (2017-02-01 14:45)
 ガンバ通信 2017年01月号 (2016-12-29 02:08)
 ガンバ通信 12月号 (2016-12-01 02:40)
 ガンバ通信 10月号 (2016-10-01 15:53)

Posted by 北摂ガンバ日和スタッフ at 14:16 │ガンバ通信